スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

2013年

ブログに書こうと思ったけど書き残したこと

・ガルフレラジオゆかちんゲスト回
・ミルキィラジオゆかちんゲスト回
・りりくるvol.2
・アインザッツvol.3
・ガールフレンド(仮)イベント
・のうりんイベント
・WUGイベント
・音ゲー総括


一時期クッソアウトプット欲あったのに鎮まりました。正月暇なので気が向いたら書きます。2014年も死なないように頑張りましょう
スポンサーサイト

Twinkle☆Girls Ailesラジオ

なんでこんなイレギュラーな放送でライブやらの情報が発表できるんだ・・・()
前回の放送もこの5人でしたが、東條さん沼さん森島さんの3人がレギュラーでラジオ持ったりしても面白いんじゃって割と思ってます。どうですかねアーリーさん

寝起きにポテトチップス 第38回


ゆかちんゲスト回。
もっと松来さんの結婚ネタにぶっこんでいけるようなゆかちんにこれからなっていってほしいなぁ。(?)

悪魔のリドル (1)

悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)
(2013/07/09)
南方 純

商品詳細を見る


Kindleで初めて漫画買いましたが便利ですね。でもこれまでアナログに慣らされすぎてやっぱり形に残らないと寂しさもあり。

・・・なんてのはさておき、
アニメにゆかちんが出るとのことで、しかも既刊が1巻だけだということで気になって速攻読んでみたのですが、ここまで女の子ばっかりで尖った作品も最近あんまり記憶にないからある程度の存在感は発揮できそうなのかなぁと。
10人ちょいキャラがいてまだスポットライトが当たってないのが大勢なんですが、これからの漫画の展開なりアニメなりではしっかりみんな見せ場があったらいいですね。

ゆかちん演じる番場真昼・真夜ちゃんは二重人格とのことで、間違いなく彼女史上一番尖っているキャラなので本当にどんな演技になるのか楽しみ。尖っている方面だとまず思い当たるのが異能バトルのりーティアちゃんなのだけれど、あの子は大分可愛さが残ってるし世界観的にもまだゆるさが残ってるし、そういう意味では今回はリアルな「人殺し」の演技が聞けるのかもしれないのよなぁ。

というわけで少なくとも来年6月ぐらいまでは生きる理由が見つかって良かったです。

艦隊これくしょん‐艦これ‐コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 弐

艦隊これくしょん‐艦これ‐コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 弐 (カドカワコミックス・エース)艦隊これくしょん‐艦これ‐コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 弐 (カドカワコミックス・エース)
(2013/12/07)
不明

商品詳細を見る


やっぱり舞鶴が一番面白いなぁというのを補強してくれた感じの2巻。

印象的だったのが、これまでありそうでなかった女性提督が3作ぐらいで出てきたことか。藤枝雅先生の作品はらしいなぁというかなるほどなぁというか。

あとは大北阿武が多めだったのと、五月雨涼風が割とあって感動した。いやはや。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。